大人ニキビの原因と対策用化粧品

大人ニキビの原因と対策用化粧品

大人ニキビについて考えていきます。青春のシンボルである思春期のニキビとは違い、大人になってから出来るニキビは、根本の原因が異なります。治療方法も違って来ますので、まずは、その原因を探りましょう。

大人ニキビ(アダルトニキビ)の代表的な原因は、皮膚の汚れ、食生活の乱れや睡眠不足、紫外線、ストレス、不規則な生活、ホルモンの乱れなど多くの原因が複合的に絡んでいます。また、生理前になるとにきびが出来やすくなることも多く見られますが、これは、「黄体ホルモン」の分泌量が増えるためです。この黄体ホルモンは、男性ホルモンと働きがよく似ているため、ニキビが出来やすくなると言われています。

大人にきびの予防方法としては、まずは、汚れを取るための洗顔が重要です。メイク汚れが残ってしまうと、にきびが出来やすくなることは言うまでもありません。溜まった老廃物をきれいに出す事によって、皮膚の生まれ変わりが活性化され、ニキビのできにくいお肌になることが出来ます。

そして、規則正しい生活、バランスの取れた食生活、ストレスの排除(これは、現代社会では難しいですね。「出来る限り」緩和します)を心がけた日常を送るようにします。

できたニキビを隠すために、ファンデーションを厚く塗ったり、コンシーラーなどで隠すことは、出来る限り避けるべきです。にきびを隠すための化粧品は、厚塗りになりやすく、皮膚呼吸を妨げることになり、悪化させてしまうことも多くあります。「どうしても」の時だけ、出来る限り薄塗りにし、用が済んだら早急にクレンジングする方が良いでしょう。

大人ニキビの化粧品を選ぶポイントは、低刺激の物を選ぶのがオススメです。アルコールや香料、保存料などはお肌に刺激を与える可能性があるため、にきびを悪化させたり新しくつくってしまうことになります。肌に優しいコスメを選ぶと安心です。口コミを見ていると、人によって合う・合わないがあります。それは、ニキビの原因や種類、体質の違いにも関係していると言われています。

あまり悪化している場合は、皮膚科などで薬を処方してもらうのも良いでしょう。悪化したニキビは、保険適応になることも多いので、治し方に困ったら、皮膚科の看板のある病院で見てもらうことをオススメいたします。




<<前エントリ | 次エントリ>>