顔に出来たシミを消す方法

顔に出来たシミを消す方法

顔のシミを消すには、様々な方法があります。

・美容液などのシミ専用化粧品を使用する
・ハイチオールC,システィナC、トランシーノなどの市販医薬品
・レーザー治療
・美容整形での外科的手術
・皮膚科などで処方してもらう美白剤
・エステのフェイシャルコース

などがあげられます。

化粧品や医薬品は、比較的簡単にできるシミ消し方法です。シミ専用化粧品の口コミランキングなどを見てみると、数万円の美容液やクリームなども人気が高く、ドラッグストアで手に入る安い化粧品などの人気と両極端であることが伺えます。

ビタミン剤や医薬品などを服用してシミ消しする方法もあります。これらには、「ビタミンC」「ビタミンB群」ビタミンE」「L-システイン」などが含まれており、メラニンの生成を抑えたり、皮膚の生まれ変わりを促進したりします。

レーザー治療は、色素に反応するレーザーの特性を生かし、しみ消しを行います。レーザーを照射するとシミの部分がかさぶたとなり排出されます。肝斑(かんぱん)などはレーザー治療によって悪化することが知られていますので注意が必要です。また、一度で取れないこともあるので、医師と相談の上、治療してもらうようにします。

美容整形でシミを取る場合、レーザー以外にも、シミの部分を取り除く外科的手術によって切除することもあります。脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)の場合には、電気メスで取り除いたり、切開して取り除く方法もあります。



「ハイドロキノン」に代表される美白剤を含んだ化粧品も2001年の薬事法改正により市販されるようになりました。一般的に刺激が強いので間違った方法で使い続けると副作用も報告されていますので、皮膚科などで処方してもらうこともできます。

エステの「しみケアコース」では、丁寧なクレンジングとマッサージ、パック、フォトフェイシャルなどの施術によってシミのケアを行っていきます。お肌にたまった老廃物は、シミの原因であるメラニンの自然な排出を遅らせる原因にもなるため、シミの原因をためず、お肌の新陳代謝を高めるメニューになっています。