女性の薄毛対策

女性の薄毛対策

女性で薄毛や薄毛に悩む方が増加傾向にあります。これは、加齢による抜け毛だけが原因ではなく、様々な要因が原因とされています。遺伝的な原因としては、「ハゲ」が遺伝するのではなく、体質が似ていることや、食生活、日常の生活様式が同じであることが原因ではないかと言われています。また、外的要因であるシャンプーやパーマ、カラーリングなどによる薄毛や、ストレスによる抜け毛の増加などもあります。

更年期の薄毛と若年性の薄毛


女性の薄毛の原因は、多岐にわたっていますが、男性と比較して、改善する可能性は高いことが分かっています。男性はホルモンの関係で頭髪が薄くなる可能性が高いのですが、女性の場合は、「更年期の薄毛」と「若年性の薄毛」とに分けることが出来ます。

更年期の際の薄毛は、年齢を重ねることによって、毛髪の伸びが悪くなる自然な脱毛状態に加え、更年期障害によるホルモンバランスの変化、心身のストレスなども原因であるとされています。一般的に更年期の時期は、家庭や社会的な役割に変化が起きやすい時期であると言えるからです。

また、20代を中心とした若年層の薄毛も増加傾向にあります。これは、若い人の間で、無理なダイエットや生活時間の乱れ、慢性的な睡眠不足やストレスの増大、偏食、貧血などが原因で髪が薄くなることがあります。また、甲状腺機能障害や病気によって抜け毛が増えることもありますので注意が必要です。接触皮膚炎、脂漏性脱毛症、頭部白癬などの原因によって髪が抜けることもあります。



薄毛が気になったら


「最近、抜け毛が増えた気がする」「髪が細くなってきた」などと感じだしたら、まず、食生活や睡眠時間などの日常生活の見直しから始めましょう。髪によい食べ物としては、「ワカメ」などが昔から言われていますが、医学的根拠はないようですが、海草類は食物繊維や各種ミネラルが豊富に含まれているので、髪の毛を作る細胞の活性化につながるのでしょう。他にも、魚や野菜などを多く取り入れた食事に変えることによって、薄毛の改善になることもあるようです。


<<前エントリ | 次エントリ>>